どんな注意点があるのか

白い錠剤

アモバンと同じ効果が期待できるうえに、副作用もアモバン以上に軽減されているのが嬉しいルネスタ。
アモバンを改良したことにより安全性もさらに高くなっていますが、薬全般にいえるのが使い方を間違ってしまうと毒になってしまうということ。
快適な睡眠をサポートしてくれる睡眠薬でもそれは同じのため、ルネスタを服用するときには注意しなければならない点がいくつかあります。

ルネスタは超短時間型の睡眠薬のため、早く効果が現れて早く薬が抜けていく特徴があります。
しかし、仮眠程度の短い睡眠をとるときに服用すると薬が抜けきらず、目が覚めたあとも薬が残ってしまっていることがほとんどなので大変危険です。
立ち上がった瞬間にふらついて転んでしまうこともあるので、仮眠を取るときにはルネスタは飲まないように気を付けましょう。
薬の成分が翌朝以降まで残っていた場合、眠気や注意力散漫などの症状が現れるため、車の運転や重機の運転をする人もルネスタを服用するのは避けたほうがいいでしょう。
ルネスタだけでなく全ての睡眠薬で言えることですが、薬の効果が強まり副作用のリスクも高まるのでルネスタを飲むときはアルコールで飲んではいけません。
睡眠薬を飲まなければ眠れないといった症状を抱えているときは飲酒は控えるようにしましょう。

また、ルネスタは医師の指示のもと服用する薬のため、自分の判断で服用する量を増量したり減量したりするのもやめましょう。
ルネスタの量を変えたり、服用を中断したくなったときは必ずかかりつけの医師に相談してからにしましょう。